大阪の少量荷物におすすめな単身引越しパック

大阪の引越しで荷物が小量ならプロスタッフの単身引越しパックがおすすめです。

 

基本料金は15,000円と格安ですが、たくさんの荷物を運べるのがおすすめの理由の一つです。基本料金で運べる荷物量は大物4点と小物20点程度。

 

単身パックの荷物目安

「冷蔵庫、洗濯機、ローボード、こたつ、布団、テレビ、電子レンジ、衣装ケース×3、ダンボール10箱程度」

 

大手引越し業者の単身パックには少し足りないという人に最適な荷物量です。これ以上の荷物があったとしても荷物1点あたりで加算し、同便で運べるので便利です。

 

プロスタッフの単身引越しパックの魅力は料金の安さだけではありません。引越し専門のプロによる作業も魅力の一つです。昨今では運送業界全体の人手不足により、引越し作業に手馴れた作業員の需要が不足しています。

 

特に需要が高まる繁忙期の引越しではダンボールの配送しかしたことが無いような人でも引越しを受け負うことがあるので注意が必要です。

 

作業にも不慣れなためにトラブルに合うことも少なくありません。せっかくお金を出して引越しを依頼するのに、大切な荷物を落されたり、家屋を傷だらけにされては不満しか残らないでしょう。

 

引越し料金が安いのに越したことはありませんが、単身荷と言えども作業の質も引越し業者選びには大切です。

大阪市内で近距離の単身引越しなら格安です

近距離の単身引越しなら格安です

単身引越しパックの料金の安さの恩恵を最も受けられるのは、大阪市内で近距離の引越しの場合です。引越し先までの距離が近いなら移動時間も短くて済みますし、トータルでの作業時間も大きく短縮できます。

 

目安としては10km以内が基本料金の範囲内です。新しい家がすぐ近くの単身引越しならプロスタッフで安くできる可能性があります。

 

大阪市内で転居先が近距離ならプロスタッフで単身引越しパックの見積もりを検討してみてください。

 

※基本料金で引っ越しを依頼できるのはその他の条件にも掛かっています。特に日程や時間は重要です。平日や繁忙期以外の暇な日程を選ぶのはもちろんですが、プロスタッフでは効率良いルートで引越しを回るために時間指定は有料になっています。

大阪から東京の単身引越しが相場より安い秘密は?

長距離引越しが安い秘密は?

大阪から東京のような遠方への単身引越しもプロスタッフなら相場より安い費用で依頼していただけます。一般的に引越し先までの距離が遠くなればなるほど相場も高くなります。

 

その為に、引越し業者間の料金差も大きくなる傾向があります。相場料金より安く依頼したければ、長距離引越しを得意とする業者を見つけなければいけません。

 

プロスタッフは中小企業ながら長距離引越しを積極的に受けている業者の一つです。安さの秘密は大阪府から東京都への引越し荷物を一台の大きなトラックに積み合わせる混載便によって、輸送コストの削減に成功しているからです。

 

その為にも、大阪エリアをカバーする阪神支店、東京エリアをカバーする横浜支店、千葉支店を出店し、同区間で混載できる引越し荷を積極的に集めているのです。

 

また、2019年2月には福岡にも支店を出店し、大阪から福岡への引越しも相場より安い料金で走らせることができるようになりました。

 

プロスタッフの支店

プロスタッフ阪神支店
大阪府大阪市此花区梅町2丁目2-82

 

プロスタッフ横浜支店
神奈川県横浜市港北区新羽町2073

 

プロスタッフ千葉支店
千葉市稲毛区長沼原町208-1

 

プロスタッフ福岡支店
福岡市博多区吉塚5-12-22

素早い見積もりが料金の比較に便利です

プロスタッフの単身引越しパックのおすすめの理由の一つが電話による素早い見積もりです。

 

あなたの単身引越しを安くできる業者を見つけるには、できるだけ多くの見積もりを取ることです。その引越し業者にとって有利な条件があるなら相場よりはるかに安い見積もりが出てくる可能性があります。

 

とはいえ、引越しの見積もりは実際に荷物量を目で確認してからでないと値段を出せない引越し業者も少なくありません。そのような業者ばかりですと、限られた時間でたくさんの見積もりを取るのは難しくなります。

 

その点、プロスタッフでは荷物が少ない単身引越しで電話による見積もりを実施しています。現在のお住まいと引越し先の正確な住所、お運びする荷物、建物の条件や日程が分かっていれば、その場で正確な引越し料金を提示します。

 

他業者との料金の比較、合い見積もりはプロスタッフでも大いに歓迎しています。

 

↓単身引越しパックのお見積もりはコチラから↓

プロスタッフの単身引越しパックでよくあるご質問

ここではプロスタッフの単身引越しパックに多く寄せられる質問についてまとめました。

 

見積もりの依頼は引越しの何日前にすれば良いですか?

トラックの予定やスタッフに余裕があれば、見積もりの依頼は数日前でも間に合いますが一般的には1ケ月前から2週間前までのご依頼をおすすめしています。

 

しかし、繁忙期などの忙しい日についてはかなり早めに見積もりをご依頼いただく必要があります。特に、3月下旬から4月上旬のピークシーズンについては、1月くらいから問い合わせが増えてきます。

 

特に土日や祝日などの人気日についてはかなり早めにトラックも満車になるために、早めにご予約いただくことを推奨しております。

 

荷造り用のダンボールはもらえますか?

プロスタッフの単身引越しパックでは、できるだけ安く提供するために、ダンボールはサービスに含まれていません。

 

最近はスーパーでも自由に持ち帰るダンボールが備え付けてありますので、それらの中から頑丈なダンボールを選んでいただければ梱包用としては問題ありません。

 

専用のダンボールが必要であれば、お申し出ていただければ販売もしています。

 

追加料金は取られないの?

プロスタッフの単身引越しパックでは電話見積もりで料金を提示しています。電話での申告内容と実際の作業時に大きな食い違いが無ければ追加料金は請求していません。

 

大手引越し業者のようにカゴ台車は使用しておらず、大きめのトラックでお伺いするので、梱包後にダンボールが1つ2つ多くなっても問題ありません。

 

ただし、ダンボールの数があまりに違ったり大きな家具や家電の追加、不用品の引き取りがあった場合には、追加料金として請求させていただく場合があります。

 

見積もり後であっても、引越し日までに内容に変更があればご連絡いただけるとトラブルなくサービスを提供できます。

 

自転車や原付バイクは運べますか?

プロスタッフの単身引越しパックでは自転車や原付バイクも荷物として運ぶことができます。

 

どこまで梱包すれば良いですか?

ダンボールに入る小物についてはできるだけ梱包しておいてください。テレビや電子レンジは当社スタッフが手持ちの資材で梱包させていただきます。

 

もし、迷うような物があったらお気軽にご連絡ください。

 

ベッドは分解してもらえますか?

ベッドの分解から組み立て、設置は当社スタッフが対応しますので、そのままにしておいてもらって問題ありません。

 

荷物の一時保管はできますか?

退去日と入居日が合わず荷物を一時保管して欲しいという要望があります。プロスタッフでは10日単位でリーズナブルな料金で保管を依頼していただくことができます。

 

ただし、この場合は引越しが2度行われることになり、引越し費用自体は2回分掛かります。できればその日に搬入できるように調整してもらえたら割安で済みます。

 

長距離の引越しに掛かる日数は?

長距離引越しではその日のうちにお届けするのは難しくなります。お届けまでの日数は大阪から東京までの引越しであれば最短翌日でも可能ですが、混載便を利用できなければ割高になる場合があります。

 

プロスタッフでは混載便を利用する引越しをご希望の場合は、お届けに2週間程度の猶予をもらっている場合が多いです。同一地域への混載便が多く集まれば、それだけ引越し費用も安くできます。

 

少しでも遠方への単身引越しに掛かる費用を安くされたい場合は、お届け日数に猶予を持ってもらうのがおすすめです。

 

不用品の引き取りは可能ですか?

家具や家電の不用品の引き取りは可能ですが、当日のお申し出だと次の便へも影響があるためにお断りする場合もあります。

 

不用品の引き取りをご希望なら引越し日までにご連絡ください。